2017/08/29

リウマチ様関節痛とサイトカインTNFα

夏の疲れが出たのでしょうか。手指の第2関節の痛みと強張りがでます…。リウマチ因子RA因子は陰性でもリウマチの診断が出る昨今。

お薬も以前より進化していて副作用が少なく、また、反応も上々なものが多くあります。

その中でも顕著なのがTNFα阻害薬。今、ナードのアロマのメンバーで熱い免疫学の中でも有名なキャラです(笑)

TNFα

活性化マクロファージや活性化Tリンパ球から産生されるアミノ酸の一種。本来腫瘍細胞を壊死させる因子である。血管内皮細胞、脂肪細胞、ミクログリア、アストロサイトからも産生されると言われる。現在はリウマチ疾患の患者さんに多く出ているとわかり阻害薬が出ている。TNFαの大量産生は微小循環の障害、微小血栓の形成、ミトコンドリア障害、アポトーシスの誘導などがわかっている。

 

実は肝臓の虚血などにより肝クッパ細胞が活性化して大量にTNFαを放出し、胆汁の鬱滞にも関わるとされる炎症性のサイトカイン。

漢方医学的には肝血虚の状態がTNFαを放出することを促すことになります。

肝血虚になるには肝の鬱滞に原因があります。(詳しくは新規メニューの漢方医学アロマにて)つまりストレスの蓄積。ここには感情も加わるのですが、まさに現代のの日本の働く世代に多く存在する疾患を表します。

さて。

症状に戻しましょう。手指の痛みと腫れにくわえて熱感もあるこの症状。生活を改めるのはもちろん、アロマでのケアも必ず必要。これをするだけで内服への道をまぬがれます。


ヘリクリサム、バジル、ジュニパー、タイムサツレオイデス、ラベンダーアングスティフォリア、そしてローズメリーベルベノン。

関節炎には必ず使いたいヘリクリサム(薬との相互作用あります)。

ラベンダーアングスティフォリアはエステルによる鎮静と抗炎症。過亢進になってしまった身体への労りの精油として使います。

ジュニパーは鬱滞を取るためと鎮痛。この夏雨が多くて体に湿が溜まったことも今回の不調に繋がります。

他の精油と処方意図についてはレッスンにて。

このブランドを塗ってケアした翌朝は痛みも和らぎ手指の動きも楽♡アロマのありがたさを実感です。

カウンセリングとレッスンは随時行なっております。なお、新規のレッスンについてはもうしばらくお時間頂戴します。

ナードのレッスンは現行通り随時体験レッスンから募集しております。ご利用ください^ ^

Contact セミナー・スクールへのお申込み、お問い合わせ

TEL.090-2683-9172

FAX.058-371-6108

スクール・セミナーのお申込み

スクール・セミナーお申し込み

アロマブレンドのお申込み

アロマブレンドお申し込み

L'esprit Herbeへのお問合せ

お問い合わせ

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL